環境への取り組み

横浜トヨペット株式会社 環境方針

基本理念

当社は創業以来、「お客様第一主義」の創業精神を基に、
「人にそして地球にやさしい」企業をめざして、法規制を順守し、
汚染の予防及びより良き企業市民として、
地域社会の環境保全活動への積極参加・貢献を致します。
環境負荷の少ない快適な車社会を構築し、次世代に住み良い地球と豊かな社会を残せるように、
継続的な環境の保全・改善に努めることを宣言します。

基本方針
  • 1. 企業の事業活動が環境に与える影響を認識し、環境目的・環境目標を定めて、
    全従業員・構成員で継続的な環境改善に取り組む

  • 2. 環境問題の理解に努め、事業活動の全領域において汚染の予防に努め、
    省エネルギー・リサイクルの推進と廃棄物の削減および責任ある処理を行い、循環型社会システムの実現に寄与する

  • 3. 環境監査により活動を確認して改善施策を実行し、自主管理の維持向上に努める

  • 4. 国・地方自治体などの環境規制を順守することはもとより、自主管理基準を設定し、環境管理のレベルアップを計る

  • 5. 全員への環境教育を徹底し、環境への意識向上を計ると共に、自らが責任を持って環境保全活動を遂行する

  • 6. 緑を守る運動に協力、地域社会の環境保全活動に参画しコミュニケーションを深め、
    環境保全のための提案・改善・実行および情報提供に努め、社会に貢献する

  • 7. 事業活動に関係する環境情報をお客さまに提供し、
    使用の方法・処理の仕方等で環境改善に寄与出来る事を積極的に伝える

  • 2006年4月1日
  • 横浜トヨペット株式会社

全拠点(本社含む)でISO14001の認証を取得しています

ISO14001とは、組織の活動、製品、サービスによる、又は間接的に与える著しい環境影響や環境リスクを低減し、発生を予防するための環境マネジメントシステムの要求事項を規定した国際規格です。 横浜トヨペット株式会社では、2002年2月初度登録をし、2007年2月に全店認証を取得いたしました。(審査機関:一般財団法人日本自動車研究所審査登録センター登録番号:JAER0328)

ISO14001の取組みを通して環境負荷の低減を図る

横浜トヨペットでは、各拠点に環境目的・環境目標を定めて、PDCA(plan-do-check- action)サイクルを活用し全従業員で環境負荷の低減のため継続的な改善活動の取組みをしています。 また廃棄物の適正処理、使用済車の適正な処理、リサイクルの推進等を行い環境に負荷をかけないようにしています。

環境マネジメントシステムモデル

ISO14001規格はPDCA
(plan-do-check-action)を基礎にしています。
■Plan :組織の環境方針に沿った結果を出す為に、必要な目的及びプロセスを設定する。
■Do :それらのプロセスを実施する。
■Check :環境方針、目的、目標、法的及びその他の要求事項に照らしてプロセスを監視し測定し、その結果を報告する。
■Action :環境マネジメントシステムのパフォーマンスを継続的に改善するための処置をとる。

取組みます、クリーンな未来へ

横浜トヨペットは創業以来「お客様第一主義」の創業精神を基に自動車ディーラーとして車の販売と整備を通じて「人にそして地球にやさしい」企業をめざして継続的な環境の保全、改善に努めるとともに、法規制を順守し、汚染の予防及び良き企業市民として、地域社会の環境保全活動への積極参加・貢献を致します。

環境負荷低減目的とした取組みの主な内容

    • 省エネルギー・省資源の推進
    • 温室効果ガス排出の削減
    • 近隣への環境配慮
    • 廃棄物の適正管理
    • 廃棄物の減量とリサイクルの推進
    • フロンガスの適正な処理
    • 低公害車の普及
    • 使用済自動車の適正な処理
    • 工場排水の管理
省エネルギー省資源化の推進 廃棄物処理・リサイクルの推進