PRIUS あらゆる面で生まれ変わった新たな魅力をぜひ、横浜トヨペットでお確かめください。

色々な方面から、
常に注目されるプリウス

ハイブリッドの歴史をつくりあげてきたプリウスが、
常に注目される理由。
その答えは単純明快。
もっとワクワクするクルマを、
たくさんの人に届けたかったから。
なぜ注目されるのでしょうか。
その理由を見てみましょう。
#

自分専用設計の運転席とは

プリウスは全席が特等席

〈 運転席は自分専用設計 〉
例をあげ、走りと低燃費を両立して犠牲になる部分を紹介します
レーシングカーのように走りだけを求める場合 走りに必要な部分に全力を注ぎ、運転席には快適装置を一切なくし速く走るためと、万が一のクラッシュのために運転席はガッチリと、体が動かないようにしているので…
ソーラーカーのように燃費だけを考えた場合 ソーラーパネルやバッテリー、走るのに必要なモーターなど走るのに必要な部分を先に作り、余ったスペースに運転席を作るので運転姿勢は寝っ転がったようになってしまい…
運転席が狭い
自分専用設計、全席が特等席なプリウスの場合
まるで自分のために設計されたかのような運転席から手を伸ばすと思い通りの操作が自然とでき疲れにくい理想的な運転姿勢を作りました。プリウスは、あなたにピッタリ合うはずです。もちろん助手席、後部席も同様にどの席に座っても自然な姿勢でくつろげるよう…
人間工学によって導き出されています
前のモデルと比べて、大人と子供ぐらい違う
静粛性について、あるモータージャーナリストの方は、「前のモデルと比べて、大人と子供ぐらい違う。」と、言われるぐらい、大きな違いがあります。

なぜそんなに違うのでしょうか。

新設計フレームTNGA

「もっといい車をつくろう」。TNGAは、その想いを実現するために考えられた、クルマづくりの構造改革。
プラットフォームを根本から見直すことで、もっと「かっこいい」「運転しやすい」「低重心」「静粛性」と、相反するものどうしが絶妙なバランスをとっています。
プリウスは、TNGA第1号車として、基本構造から生まれ変わりました。

自分設計の運転席、室内の静粛性をご確認ください 実際に確かめる
#

最新鋭の安全装備

安全への追求から生まれた先進性能

もしもの時も安心
Toyota Safety Sense P(トヨタ セーフティー センス P)
ヒヤリとする場面、車が運転手に知らせ、車があなたを見守っています
※Aプレミアム”ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A"ツーリング セレクション”、A"ツーリングセレクション”、Aに標準装備  S"ツーリングセレクション”、S、Eにメーカーオプション

■プリクラッシュセーフティーシステム

(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。
警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。
ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

※自動ブレーキは自動車速度 約10km〜80km/hで作動します。

■レーンデパーチャーアラート

(ステアリング制御付)
道路の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を免脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせ。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線免脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

■レーダークルーズコントロール

(全車速追従機能付)
ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識して車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。
先行車が停車した時は自車も停車して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。
警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。
ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

■オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替えを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。
さらに安心な機能が盛りだくさん

■アクセルとブレーキの踏み間違え

アクセルとブレーキを踏み間違えたと、車が判断した場合
ハイブリッドシステムに制御が入りさらに運転手にお知らせします。

■ブラインドスポットモニター〈BSM〉

(車線変更時の後方確認をアシスト)
隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケータを点灯させます。その際、サイドターンランプを点滅させるとLEDインジケーターも点滅し、ドライバーにお知らせします。
※Aプレミアム"ツーリングセレクション"、Aプレミアム、A"ツーリング  セレクション"、Aに標準装備
その他にも安心安全機能はたくさんあります スタッフに聞く
#

燃費性能はもちろん、走りの面でも充実

存在感が際立つ外観

もっとワクワクするクルマを目指して
クルマの骨格を作り直すことで生まれ変わり
走りの楽しさとカッコよさ
空気抵抗を極限まで下げる事により、燃費性能の向上
環境対策と走りへの相反するその2つを両立するために
さらなる飛躍を成し遂げ究極のフォルムが誕生
燃費性能だけではなく、走りにもこだわりました

燃費はなんと、40.8Km/ℓ ※2

そこまで計算して作られたプリウスは日本最高水準※1の高い燃費をたたき出しました。
■燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
※1 2015年12月現在、ガソリン乗用車(除くプラグインハイブリッド車)。トヨタ自動車(株)調べ。
※2 Eグレードの場合(車両重量1,310kg)。

乗ったらわかる気持ちの良い走り 乗り心地を確かめる
#

新エアロダイナミクス(空気力学)

究極の空力フォルム

空気抵抗にこだわり、
見た目のカッコよさと
機能性を兼ね備える
プリウスの象徴トライアングルシルエットや床下整流は、さらに進化しました
燃費性能はもちろん室内の静粛性や安全性までもゼロから作り直し、
見直して、全てにおいて良いことばかり
そんなプリウスの空力性能をさらにスムーズに整流するエアロパーツもご用意しております

トヨタ純正エアロキット

純正のフォルムをそのままに、さらに整流効果をあげた鮮烈なデザイン
スポーティーを極めたエアロスタイル

T R D Ver.1 エアロキット

風を操り、パフォーマンスをさらに高次元へ
スポーティーを極めたエアロキットは、トップカテゴリーのモータースポーツで培った解析技術と高いノウハウを応用しています

MODELLISTA AERO KIT モデリスタエアロキット

存在感がひときわ輝く、
ワンランク上のプレミアム・ドレスアップ
充実したエアロキットをスタッフに聞いてみましょう 近くの店舗を検索
色々な面から、常に注目されるプリウスを横浜トヨペット全店で実際に肌で感じ、ご試乗いただけます。皆様のご来店をお待ちしております!